いろいろ考えさせられる…

昨日shima1007さんからお電話をいただきました。
結局1時間半も話してしまい、家族からは「仕事での緊急事態?」とか
聞かれてしまいました。

ブリードについては

・小さいムシをいくら買っても大きさは望めない。
 →初心者は小さいムシばかり数を買ってしまい
  最後は処分に困る。
・練習、と思っても、練習はない。
・数だけ増えてしまってもビン交換が大変なだけ。
 →交換しても交換しても小さい幼虫しか出ないと
  テンションが下がり疲弊してしまう。
・小さいムシばかりできても処分に困るだけ。
 →オークションで売るとしても、値段がつかず
  手間ばかりが大変。

・最初はよい種親を作れるムシに絞った方がよい。
 →数だけいても仕方がないので、せっかく購入したムシでも
  一部を残して再販してしまった方がよい。

・オスは82~83mm、メスは52~53mmあたりがよい。
 →あまり大きいと種なし・産まない、などもありとか。

・同腹でも同じではない。大きさだけでもない。

などなどお聞きしました。
いろいろ考えさせられました。

続きは帰りの電車かな。

コメント

非公開コメント

noaさん、こんにちは(#^.^#)

blog開設、おめでとうございます。
頑張って下さい。

リンクさせて下さい<(_ _)>

> 誠也さん

ありがとうございます。
ほどほどに頑張ります。

リンク、ありがとうございます。
こちらからもリンクさせていただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

こんばんは

noaさん
ご家庭の事情も大変そうですね。
無理しない程度にがんばってください。
shima1007さんのお話はごもっともと思います。
あともうひとつチェックポイントがあります。
それは有名な血統のクワでも、その中から優秀なラインを種親にすることです。どれが優秀なラインであるかないかはブログで成績を公開している方なら判断できます。
細かく成績を公開されない方だと判別は難しいですけど、、、
2名以上のブリーダーから別々の優秀なラインの個体を譲ってもらい、掛け合わせるとミラクルが起きる可能性はあると思いますよ。




No title

> anchorageakさん
コメントありがとうございます。
どうやってここに?

家庭環境的に行き帰りの通勤電車からの
更新やコメントになりそうです。

優秀な種親…難しいですよね。
多くの方々が色々試されても
当たるラインは本当に少ないようですもんね。

頑張ってみます。
プロフィール

noa

Author:noa
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示